乾燥肌を治したり防ぐようにするには、乾燥肌に効果があると伝えられている食べ物を積極的に摂取することが必要です。それでは乾燥肌に効く食べ物とは、どういうものが挙げられるのでしょうか。

乾燥肌を防ぐことに有効な食べ物といえば、大豆製品やごま、そしてナッツ類が有名です。大豆製品にはビタミン群としてB2とE、加えて良質のたんぱく質といった成分も豊富に含有されています。大豆製品の中でも発酵食品の部類に当たる納豆には、ねばねば効果で肌をしっとりとさせる効果があります。納豆だと日々の献立に簡単に取り入れることができるので、早速やってみてください。ナッツ類にはビタミンEやビタミンB2などが豊富に含まれており、乾燥肌になってしまうのを防ぐには最も適した食材です。

乾燥肌を防ぐための食べ物というと、あとは冬が旬とされる野菜があります。冬に旬を迎える野菜には、乾燥を防ぐのみではなく体の中の方から温めるといった作用も期待できます。緑黄色野菜のかぼちゃやニンジンなどにも乾燥を防ぐといった効果がありますが、ブロッコリーなども効果が望めます。乾燥肌に効果があると伝えられるベータカロチンや、ビタミンCなどの成分が多く含有されています。

これ以外にもわかめや昆布といった海藻類も肌の乾燥を防ぐのに効果的で、そればかりでなく美肌にまで効果を発揮するのです。

意図して野菜や果物を食べるようにすることが大事で、豚肉や鶏肉などの動物性ゼラチンの摂取も大切です。乾燥肌をしっかり防ぐにはここで紹介した食べ物をどんどん食べるように心掛けましょう。

オドレミン

乾燥肌でも脇汗はウェッティ。そんな悩ましげな肌に悩んでいる人は臭う前にオドレミンを試してみて!