空気の乾燥を招くと、肌と同じで目もまた乾燥します。

長い時間に渡りパソコン、ゲームなどを操作することで目を多く使ってしまうことで、目に疲労が積み重なり、ドライアイになってしまいます。一時的とはいえ視力が低下する可能性もあるため、疲れ目だからと軽く捉えてはいけません。ドライアイというのは、その名の通り目が乾燥する病気のことを呼びます。

目が乾燥するのを防ぐには、目薬を注すのを忘れないことが最もシンプルなやり方です。まばたきをたくさんするということもポイントで、直接エアコンや扇風機の風が目に触れないように注意しましょう。人は集中している間はまばたきをしなくなり、目が開きっぱなしなことに気が付きません。

加湿器を利用して湿度を一定に保ったり、部屋を明るくするという方法もあります。

睡眠時間をよく確保し目を休ませるようにすることが基本ですが、これにより目の乾燥状態が好転しないなら対策が求められます。蒸しタオルで目の周囲を温めたり、目のあたりのマッサージに精を出すのも疲れの軽減が期待できます。

目の乾燥を防ぐポイントになるのは、いつも目にきっちり涙を残しておくことです。長時間に及ぶデスクワークには、休みを1時間おきにとって目を使わないことが重要になります。

目から乾燥を防ぐには目を酷使せず、目薬やマッサージなどにより目に優しいことをするということが欠かせません。目を乾燥した状態でそのまま放置しておくと、ゆくゆくは厄介な目の病気に発展する恐れがあります。ケアを欠かさないことが健康な目でいることに繋がるのです。