2016年2月

15件の投稿

空気の乾燥を招くと、肌と同じで目もまた乾燥します。

長い時間に渡りパソコン、ゲームなどを操作することで目を多く使ってしまうことで、目に疲労が積み重なり、ドライアイになってしまいます。一時的とはいえ視力が低下する可能性もあるため、疲れ目だからと軽く捉えてはいけません。ドライアイというのは、その名の通り目が乾燥する病気のことを呼びます。

目が乾燥するのを防ぐには、目薬を注すのを忘れないことが最もシンプルなやり方です。まばたきをたくさんするということもポイントで、直接エアコンや扇風機の風が目に触れないように注意しましょう。人は集中している間はまばたきをしなくなり、目が開きっぱなしなことに気が付きません。

加湿器を利用して湿度を一定に保ったり、部屋を明るくするという方法もあります。

乾燥が際立つ季節に入ると、部屋の乾燥も気になるものです。

部屋の乾燥というのは、体にとってあまり良いものではありません。部屋の乾燥は肌やのどに悪影響を及ぼすため、何とかして防ぐ方法をとりたいものです。部屋の乾燥を防ぐようにするには、どのような対策を練ればよいのでしょうか。

寒くなると、肌が乾燥することに悩むという方もけっこういるのではないでしょうか。12月〜2月の寒さの厳しい時期には目立って空気も乾燥してしまうので、必然的にお肌も乾燥しやすくなるのです。

湿度もまた低くなるのですが、部屋の中でも暖房やストーブといったものの使用によりますます乾燥が進みます。冬のシーズンのお肌の強敵とも呼べる乾燥を防ぐようにするには、どのようにしたら良いのでしょうか。

肌の乾燥が起こるとかゆみを感じることがあり、炎症に発展することもあります。乾燥肌のかゆみを防ぐためには、一体どういったことに注意すれば良いでしょうか。

乾燥肌が進んでいくと神経が表皮に至るまで伸び、外からもたらされる刺激にも抵抗できなくなり、かゆみが発生する恐れがあります。この上かきむしってしまうことによって、炎症を引き起こしてしまう場合もあるので気を付けなければいけません。

乾燥状態の肌に潤いをもたらすためには保湿ケアが重要なのですが、どうやって保湿をすれば良いでしょうか。

肌の保湿に取り組むには単に水分を与えれば良いというものではなく、保湿成分が備わったクリームや乳液を用いましょう。乾燥肌を防ぐようにするには、化粧水を使ったら仕上げにクリームや乳液などで肌のバリア層を作らなければなりません。

PAGE TOP